グループ会社 私たちのグループ会社 それぞれで培った経験を組織力に変えて活かす

グループ会社
  • CELUX HLDGS.
  • レッドロブスタージャパン株式会社
  • 株式会社石巻フーズ

CELUXの語源はフランス語であり、「C'estluxe」=贅沢・高級という意味になり、英語では「It's luxury」となります。私たちセリュックスホールディングスはその意味を「最高」と位置づけました。「最高のサービス+良質な素材+雰囲気=最高」と定義し、それを組織全体として求めることにいたしました。

色々な形態(和食、洋食、蕎麦、居酒屋、シーフード)のレストランを運営するセリュックスホールディングスは、社名の由来のごとく、料理、食材、サービス、ロケーション、笑顔が常に「最高」であるように日々努力をしています。そして、常にお客様には「最高」だけを提供いたします。

CELUX HLDGS.

Visit Official Website

Only1よりNO.1

2012年7月。

セリュックスホールディングスとしてのスタートを切りました。

2004年に会社を立ち上げてから、実に8年目のことです。

このタイミングでホールディングス化したのには、3つの理由があります。1つ目は、より優秀な人材を集めるため。今弊社で抱えているブランドは客単価も様々で、求める人材も違うので一本化してしまうと各ブランドに適した人が集まりにくいと考えたからです。2つ目は、せっかくこれだけのブランドを抱えているのだから、スケールメリットを生かしたかった、ということ。商品にひとつとっても、まとめて取り組んだほうが力を入れやすいのです。

3つ目は、1つのことだけではなく、様々なことにチャレンジしてみたかった、ということ。今は飲食業が主体ですが、幅広く取り組んでいきたいと考えています。

社名にも入っている、CELUXという言葉の語源は「C'estluxe」=贅沢・高級という意味ですが、僕たちはそれを「最高」という意味で位置づけています。「最高」とは非常に難しい言葉で、少しアバウトに聞こえるかもしれません。高ければ「最高」ということでもない。僕たちがやっていきたいのは、単純に利益を生み出すことではなくて、NO.1でいたいということ。Only1だったらすぐに真似をされてしまいますが、NO.1は誰にも真似出来ない領域です。一番上を目指したところから文化が生まれるんじゃないかと僕は思っています。だから、誰にも真似出来ないものを目指す=最高と定義付けようと考えました。その意味ではレッドロブスターしかり、株式会社僖成しかり。なかなか真似の出来ない業態なのではないかと思います。

「最高」の会社・ブランドを目指していくために、今後の展開としては、まずは各ブランドで社長を輩出すること。責任の明確化とブランドに対する想いを強められるような組織にしていきたいです。そして、M&Aによるブランド拡大。基本的には、自分が「行きたい」とか「楽しそう」と思えるブランドしか興味はありません。利益を上げることよりもまず、自分が「行きたい」と思えるかどうか。感覚的にはなりますが、これを判断基準にしていきます。ゆくゆくは、ブランドを作り出す作業も行っていきたいですが、それはまだ先ですね。出来上がったブランドをさらに良くしていく、僕たちの得意分野を伸ばします。

代表取締役 大塚啓

コンサルティング事業

セリュックスホールディングスでは、長年培ったレストランノウハウを生かしたレストランプロデュース、コンサルティングを行っております。代表例として、東京の新名所「東京スカイツリー」内地上345メートルの展望台にある「スカイレストラン634」のプロデュースやTBS夏のイベント「赤坂サカス」の2013年、14年プロデュース、鹿児島県志布志市にある「JAあおぞら」の六次産業化プロジェクトなど多岐に渡り行っております。

東京スカイツリー展望台にある「Sky Restaurant6 34」

東京スカイツリー展望台にある「Sky Restaurant6 34」

東京スカイツリー展望デッキ内に位置する、日本一の眺望を誇る最高のレストラン。地上345m、息をのむような絶景と落ち着きのある雰囲気の中、最高のひとときをお楽しみください。昼は遠く富士山を、夜はきらめく光の夜景が広がります。首都東京に集まる様々な食材と伝統の江戸東京野菜などを組み合わせた「東京キュイジーヌ」の料理。料理からも新たなる伝統のはじまりを堪能してください。

鹿児島県志布志市「JA あおぞら」六次産業化プロジェクト

鹿児島県志布志市「JA あおぞら」六次産業化プロジェクト

JAが取り組む六次産業化の事例として、JAあおぞら、株式会社セリュックスホールディングスおよび株式会社アグリ・エナジャイズが協働して、コンセプトからデザインに至るまで商品開発を行い、JAあおぞらブランドを日本のみならず世界に発信していくプロジェクトです。

その第一弾として、特殊な製法による新食感の干し芋(商品名:熟し芋)をプロデュース、また世界戦略として鹿児島緑茶(商品名:うるわし和茶)の開発を行います。JAあおぞらのブランド再構築により、これまで以上に密に生産者と消費者を繋ぎ、農業の新たな可能性を切り開いてまいります。

その他の案件はこちら

レッドロブスタージャパン株式会社

Visit Official Website

レッドロブスタージャパン株式会社

オーダーごとに調理するカナダ産ロブスターは絶品、世界のシーフード料理を楽しむ

1968年アメリカに誕生した「レッドロブスター」は、全世界750店舗を展開するシーフードレストランチェーンです。1982年日本上陸後、関東を中心に24店舗を展開、近年は沖縄3店舗、長崎ハウステンボス、大阪(ユニバーサルシティウォーク大阪)など話題の施設、立地に出店をしております。カナダより直輸入のライブ(活) ロブスターを看板商品に蟹、牡蠣、海老、ステーキやパエリア、ムール貝のワイン蒸し、クラムチャウダーなどシーフードレストラン定番メニューを提供するレストランです。

オーダーごとに調理するカナダ産ロブスターは絶品、世界のシーフード料理を楽しむ

オーダーごとに調理するカナダ産ロブスターは絶品、世界のシーフード料理を楽しむ

お問合せ・資料請求はお電話にて今すぐ! 03-5418-8031

ページ先頭へ
ページ先頭へ